ニキビを洗顔で対策

ニキビ対策として洗顔の大切さを紹介


ニキビには洗顔が大切です
24年01月15日
ニキビとはとてもしつこいもので、私も大変に悩んでいました。いろいろと化粧品を試してみたり、食事に気を使ったりと自分なりに頑張りました。その中でも一番に実感できたのが、洗顔方法(参考:にきびの洗顔)ですね。洗顔フォームを十分に泡立てて、ふんわりと洗います。けっして、ごしごしと力をいれないように。ここがポイントだと思います。また、洗顔のしすぎもよくないみたいで、私は朝は軽く、夜はしっかりめに季節によっても変えていきました。その時の肌の調子や体調を考えなら、石鹸タイプをつかったり、フォームタイプをつかったりと自分のニキビのタイプを理解するとニキビ改善につながっていくと思います。ホルモンのバランスが崩れたり、甘いものを食べすぎたりとそれぞれにニキビのできる環境は違うと思いますが、ニキビ肌の改善には自分に合う洗顔方法を見つけることだと実感しました。長い間、私はニキビに悩ませていましたが、自分に合う方法を見つけて徐々にですが、きれいな肌になっていきました。

ニキビを治そうと洗顔石鹸を使いすぎると、かえって悪化の原因になる
24年02月15日
私は小学生の頃からニキビができはじめました。赤く化膿したニキビはとても痛く、ドロっとした臭い汁が出ていました。ニキビができていた場所は額が主でたが、額のみではなく頬や鼻の周りにも時々できていました。母親からは成長期には仕方がない事だから、洗顔を心がけるよう言われました。それ以来、ニキビ用の洗顔石鹸を毎日使っていました。お風呂に入った時だけでなく、朝起きた時と部活の後も欠かさず洗顔していましたが、治る気配はなく酷くなる一方でした。何度か本屋でもニキビを治す方法を見た事がありましたが、本には食事療法や洗顔方法の事ばかり載っていて、どの本を見ても同じなんだという思いがありました。だけど、まだ見てない情報があるのではという思いから、まだ見てないニキビの本を見た時です。神経質になり過ぎもよくなく、治そうと洗顔石鹸を使いすぎてもよくないと書いてありました。まさに私の事で初めて得た情報だったので、試しに一日一回に減らしました。最初の内は疑いの気持ちもありましたが、二週間ほどするとドロっとした臭い汁が出なくなりました。同時になるべく気を楽に持つよう心がけると、化膿するニキビの数も減っていきました。